読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明けのBEAT

日記

今日はのんびり寝ていようと思ったのだけれど、早く目が覚めてしまった。恐るべき生活リズム! いや、いいことなのだけれども。

起きる前に不思議な夢を見た。お母さんの夢。夢の内容は…見知らぬおじいさん(夢の中では誰かわかっている)がわたしのお母さんのお見舞いに一緒に行くことになった。そのおじいさんがお母さんの名前を何度も呼びかけると、お母さんはそのおじいさんの方向を見て、「○○さん…ですね?」と普通に反応した。わたしはびっくりして、うれしくいのと同時に動揺しながらもナースコールをする…そこで目が覚めてしまった、本当にいいところで目が覚めてしまった。

この夢はどういう意味があってわたしは見たのだろうか。朝から夢のことを思い出しては、わからない! と思うばかりだ。

補足しておくと、わたしのお母さんは1年前の1月に脳出血で倒れ、それから目は開きはするものの反応がない…という状態だ。今も病院で入院しているが、残念ながらよくなる見込みはないらしい。

そんな感じの今だ。お母さんがいるけれどいない。それでもわたしたちは生きていかなくてはいけないから、日々は過ぎていく。本当はいっぱい今のわたしを見てほしかった。今も見てほしいけれど。悲観しても仕方ないから考えないようにしている。つらいけれど、つらいばかりではないから。楽しいと思える、そう思える今があってよかった。

今日の日記は何だか重い話になってしまったけれど、そういう時もあるよね! ということで。


今日のBGM:夜明けのBEAT / フジファブリック